PHP stdClass Array

stdClass の配列を使った例題です。
stdClass は PHP の内部であらかじめ定義されていて、自分で定義しなくてもそのまま使えます。

プログラムの作成

stdArray.php のソースコードを Shift-JIS でタイプして c:\DATA\PHP\ に格納して下さい。
<?php
    $ary[0] = new stdClass;
    $ary[0]->initial = "HY";
    $ary[0]->fullname = "Yamada Hanako";
    $ary[0]->age = 20;
    $ary[1] = new stdClass;
    $ary[1]->initial = "JK";
    $ary[1]->fullname = "Kanda Jyunko";
    $ary[1]->age = 17;
    $ary[2] = new stdClass;
    $ary[2]->initial = "TS";
    $ary[2]->fullname = "Suzuki Taro";
    $ary[2]->age = 23;
    for($i=0; $i<3; $i++)
    {   if ($ary[$i]->initial=='JK')    break; 
    }
    print ($ary[$i]->initial . " : " . $ary[$i]->fullname . " : " . $ary[$i]->age);
?>

【実行画面】
コマンドプロンプトを起動して stdArray.php をコンパイルします。
stdArray.php の実効結果です。
C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2017\Community>cd \bin\php

C:\BIN\PHP>php c:\data\php\stdArray.php
JK : Kanda Jyunko : 17
C:\BIN\PHP>

プログラムの説明

  1. stdClass には自由にプロパティ領域を追加することが出来るので、構造体のように使うときは便利な Class です。
    stdClass のプロパティとして initial, fullname, age を定義します。
    各プロパティに値を設定して、配列 $ary[3] の要素として格納します。
        $ary[0] = new stdClass;
        $ary[0]->initial = "HY";
        $ary[0]->fullname = "Yamada Hanako";
        $ary[0]->age = 20;
          ・
          ・
          ・
    
  2. 配列 $ary[3] から initial が 'JK' の要素をサーチして印字します。
        for($i=0; $i<3; $i++)
        {   if ($ary[$i]->initial=='JK')    break; 
        }
        print ($ary[$i]->initial . " : " . $ary[$i]->fullname . " : " . $ary[$i]->age);
    

前田稔の超初心者のプログラム入門
PHP Program