PHP⇒DB

ローカル環境で PHP と Data Base(SQLite) をインストールして動作を確認します。

  1. ネットで検索すれば沢山ヒットするのですが、実行環境やバージョンによって異なり、何が何だか分からなくなります。
    私は 2020/07/17 Windows10 & PHP 7.3.17 & sqlite version 3.31.1 の環境で動かします。
    ローカル環境で PHP ⇒ DB(sqlite) を使えるようにするには、多少の作業が必要です。
    このとき既定のフォルダーにインストールされていれば設定も楽なのですが、そうでなければ余計な操作が必要になります。
    そこで PHP と sqlite を既定のフォルダーにインストールして動作を確認します。
    PHP のインストールは PHP Install を参照して下さい。
    (当初 PHP は C:\BIN\php\ にインストールしていました。)
    sqlite のインストールは SQLite を参照して下さい。
    ソフト名 既定のフォルダー
    php c:\php\
    sqlite c:\sqlite\
  2. php と sqlite にパスを通します。
    Windows10 の設定(歯車アイコン)から[環境変数]で検索します。
    システムのプロパティ/環境変数から Path を選んでテキストを直接編集します。
    Path 環境変数の後部に [;C:\php\] [;C:\sqlite\] を追加します。
    Path の設定は PHP InstallJava を動かす などを参照して下さい。
  3. php の起動テストをします。
    1. C:\DATA\PHP\ に phpinfo.php を格納して下さい。
      phpinfo.php のソースコードです。
      <?php
      phpinfo();
      ?>
      
    2. コマンドプロンプトを立ち上げる。
    3. C:\Users\maeda>cd C:\DATA\PHP
    4. C:\DATA\PHP>php.exe -v     //パスが通っていないとエラーになる
    5. C:\DATA\PHP>php phpinfo.php  //パスが通っていないとエラーになる
    6. C:\DATA\PHP>exit
  4. sqlite の起動テストをします。
    1. コマンドプロンプトを立ち上げる。
    2. C:\User\Maeda>sqlite3      //sqlite3 を起動(パスが通っていないとエラーになる)
    3. sqlite> .help           //コマンド一覧
    4. sqlite> .exit           //sqlite の終了
    5. C:\User\Maeda>exit

前田稔の超初心者のプログラム入門
PHP Program