MY Page-1

PHP ⇒ Javascript でデバッグの説明です。

プログラムの説明

  1. index.html にテストする PHP のリンクを設定します。
    js_func.php がデバッグ対象の PHP プログラムです。
    パラメータとして「d1=32, d2=24」を渡しています。
    <html>
    <head>
    <meta charset=utf-8>
    <link rel="stylesheet" href="php.css" type="text/css">
    <title>Index</title>
    </head>
    
    <body>
    <h1>ビルトインサーバー</h1>
    
    <ol>
      <li><a href="hello.php">Hello PHP</a><br>
          Hello PHP を印字します。<br>
      <li><a href="js_func.php?d1=32&d2=24">GCM(32,24) を求める</a><br>
    </ol>
    
    </body>
    </html>
    
  2. js_func.php のソースコードです。
    PHP では error_log() が威力を発揮します。
    JavaScript では window.alert() を使ってみました。
    <html>
    <head>
    <meta charset=utf-8>
    <script type="text/javascript">
    function gcm(d1, d2)
    {   document.write(d1, " : ", d2, "<br>");
        while(d1!=d2)
        {   if (d1>d2)  d1 = d1 - d2;
            else        d2 = d2 - d1;
        }
        document.write("GCM : ", d1, "<br>");
        window.alert("GCM : " + d1);
    }
    </script>
    </head>
    
    <body>
    <?php
        $d1= $_GET["d1"];
        $d2= $_GET["d2"];
        error_log("php が呼ばれました  $d1 : $d2\n", 3, 'app.log');
        print("<script type='text/javascript'>\n");
        print("gcm($d1, $d2)");
        print("</script>\n");
    ?>
    </body>
    </html>
    
  3. コマンドプロンプトを起動して phpbat.bat を実行します。
    ブラウザを起動して http://localhost:8000 をURLに貼り付けると index.html が実行されます。
    「Hello PHP」を選択すると "Hello PHP 漢字テスト(utf-8 BOM 有り)" が印字されます。
  4. 「GCM(32,24) を求める」をクリックすると window.alert() で「GCM : 8」が知らされます。
  5. C:\HTML\PUBLIC\PHP\ のフォルダーを調べると 'app.log' が格納されています。
    このファイルをエディッター(メモ帳など)で確認してみて下さい。
    php が呼ばれました  32 : 24
    
    'app.log' はクリアされること無く、追加モードで TEXT が記録されます。
    適当なタイミングでテキストを削除して下さい。(ファイルを削除してもOKです)

前田稔の超初心者のプログラム入門
PHP Program