PHP HTML PAGE

サーバーにアップロードした PHP を呼び出すコードです。
<a href="http://maedakobe.rw.xsi.jp/php/htmlpage.php">HTML PAGE</a>
次のリンクをクリックすると htmlpage.php が実行されます。
HTML PAGE

プログラムの作成

  1. Hello PHP では "Hello PHP" だけをブラウザに渡しましたが、今回は HTML の体裁を整えて渡します。
    htmlpage.php の全ソースコードです。
    Shift-JIS でタイプして c:\DATA\PHP\htmlpage.php に格納して下さい。
    echo と print で HTML のソースコードを吐き出します。
    echo と print はどちらを使っても同じです。
    <html>
      <body>
        <h2>HTML の体裁を整えたページ</h2>
        <?php echo "<h3>Hello PHP(echo)</h3>"; ?>
        <?php print "<h3>Hello PHP(print)</h3>"; ?>
      </body>
    </html>
    
  2. 今回は C:\BIN\php\php.exe にパスを通して c:\DATA\PHP\ のフォルダーで作業します。
    コントロールパネル/システム/システムのプロパティ/詳細設定/環境変数から Path を選んで「;C:\BIN\php\」を追加します。
    先頭の「;」は複数個の Path を設定するときの区切りです。
    詳細は Java のページの Guid などを参照して下さい。
  3. パスが通っていることを確認するために、バージョン情報でも表示してみて下さい。
    コマンドプロンプトを起動して次のコマンドをタイプします。
    コマンドのタイプは大文字でも小文字でも構いません。
    C:\Windows\System32>php -v
    
  4. htmlpage.php のソースプログラムをテストします。
    C:\Windows\System32>cd c:\DATA\PHP
    C:\DATA\PHP\>php htmlpage.php
    
  5. php htmlpage.php の【実行画面】です。
    吐き出された文字列がブラウザに渡されて実行されます。
    c:\DATA\PHP>php htmlpage.php
    <html>
      <body>
        <h2>HTML の体裁を整えたページ</h2>
        <h3>Hello PHP(echo)</h3>    <h3>Hello PHP(print)</h3>  </body>
    </html>
    
    c:\DATA\PHP>
    
  6. htmlpage.php をサーバーにアップロードします。
    http://maedakobe.rw.xsi.jp/ が今回お世話になるサーバーです。
    アップロードした htmlpage.php を呼び出して実行を確認しました。
    <a href="http://maedakobe.rw.xsi.jp/php/htmlpage.php">HTML PAGE</a>
    

前田稔の超初心者のプログラム入門
PHP Program