PHP gcm Function

PHP で関数を定義します。

プログラムの作成

Func_Gcm.php のソースコードを Shift-JIS でタイプして c:\DATA\PHP\ に格納して下さい。
<?php
    function gcm($n,$m)
    {   while($n<>$m)
        {   if ($n>$m)  $n-= $m;
            else        $m-= $n;
        }
        return($n);
    }
    function lcm($n,$m)
    {   return($n*$m/gcm($n,$m));
    }
?>

<?php
    print "gcm(32,24)=". gcm(32,24). "\r\n";
    print "lcm(32,24)=". lcm(32,24). "\r\n";
?>

【実行画面】
コマンドプロンプトを起動して Func_Gcm.php をコンパイルします。
Func_Gcm.php の実効結果です。
C:\DATA\PHP>php Func_Gcm.php
gcm(32,24)=8
lcm(32,24)=96

C:\DATA\PHP>

プログラムの説明

  1. gcm() 関数と lcm() 関数を定義します。
    C言語のように関数に型はありません。全て function で始めます。
    パラメータで $n と $m を受け取ります。
    求めた GCM の値を return で返します。
    lcm() 関数の中から gcm() 関数を呼び出しています。
    <?php
        function gcm($n,$m)
        {   while($n<>$m)
            {   if ($n>$m)  $n-= $m;
                else        $m-= $n;
            }
            return($n);
        }
        function lcm($n,$m)
        {   return($n*$m/gcm($n,$m));
        }
    ?>
    
  2. gcm() 関数と lcm() 関数を呼び出して印字します。
    <?php
        print "gcm(32,24)=". gcm(32,24). "\r\n";
        print "lcm(32,24)=". lcm(32,24). "\r\n";
    ?>
    
  3. GCM の説明は GCM, LCM 関数 を参照して下さい。
    今回は HTML タグを使っていませんが、関数の定義は <head> の中で、呼び出しは <body> に記述する例を良く見かけます。
    PHP のソースコードは、HTML 文の任意の箇所に挿入することが出来ます。

前田稔の超初心者のプログラム入門
PHP Program