SSI+JavaScript

SSI で呼ばれる CGI に JavaScript を組み込みます。

プログラムの説明

  1. ssi_js.cgi を呼び出す ssi_js.shtml を shift-jis でタイプします。
    内容は html と同じですが、SSI を使うときは .shtml にします。
    <body> の始めで ssi_js.cgi を呼び出します。
    SSI で呼ばれる CGI に JavaScript を組み込みます。<br>
    <!--#exec cgi="./ssi_js.cgi"-->
    
  2. ssi_js.shtml から呼び出される ssi_js.cgi です。
    shift-jis でタイプして、実行権を設定して下さい。
    フォントのサイズを変えながら "Welcome SSI+Java Script" を印字する JavaScript のコードを吐き出します。
    #!/usr/local/bin/perl
    
    print << "EOD";
    Content-type: text/html
    
    <SCRIPT>
      for(i=1; i<=7; i++)
      { document.write("<font size="+i+">");
        document.write("Welcome SSI+Java Script<br>");
        document.write("</font>");
      }
    </SCRIPT>
    EOD
    
  3. <!--#exec cgi="./ssi_js.cgi"--> の個所に ssi_js.cgi から吐き出された TEXT が挿入されます。
    挿入される TEXT はヒアドキュメントで定義された Java Script のソースコードです。
    Java Script の説明は Welcome Java Script を参照して下さい。

前田稔の超初心者のプログラム入門
超初心者のプログラム入門(Perl)