ソースファイルの作成

今まではコマンドラインから直接プログラムをタイプして実行していました。
ここではソースプログラムファイルを作成して、ファイルから実行する方法を説明します。

プログラムの説明

  1. エディタ(メモ帳など)を使って shift-jis で stdin.pl のファイルを作成して下さい。
    perl の拡張子は何を指定しても動作するようですが、一般的に .pl が使われます。
    ソースファイルを保存する場所はどこでも良いのですが、私は C:\DATA\Perl\ のフォルダーを使っています。
    プログラムは キーボードから文字列を入力 で説明したものです。
    while(($_= <>) ne "\n")
    {
        print;
    }
    
  2. stdin.pl のソースプログラムを実行します。
    ファイルが保存されているディレクトリに移動して実行して下さい。
    コマンドプロンプトのタイプは大文字でも小文字でも構いません。
    perl プログラムの実行が始まると、キーボードから適当な文字をタイプ入力して下さい。
    Enter キーだけをタイプするとプログラムが終了します。
    【実行画面】
    C:\DATA\Perl>cd \data\perl
    
    C:\DATA\Perl>perl stdin.pl
    12345
    12345
    ABCDEFG
    ABCDEFG
    xyz
    xyz
    
    C:\DATA\Perl>
    
  3. パスが通っていないと perl の実行が出来ません。
    そのときは、次のコマンドを試してみて下さい。
    c:\Perl64\bin は Perl がインストールされているフォルダーです。
    C:\DATA\Perl>c:\Perl64\bin\perl -v
    
    Path の設定は Perl のダウンロードとインストール を参照して下さい。

前田稔の超初心者のプログラム入門
超初心者のプログラム入門(Perl)