HomePage と Perl の関係

HomePage と Perl の関係を説明します。

HTML & Perl

  1. HTML と組み合わせて使われる言語には JavaScript, Perl, Java, PHP, C(++), C# などがあります。
    Perl や JavaScript や PHP は事前に翻訳の必要が無いスクリプト言語です。
    スクリプトには、クライアントサイドスクリプト(CSS)とサーバーサイドスクリプト(SSL)があります。
    クライアントサイドスクリプトとはクライアントのコンピュータ上で動作するもので JavaScript がその代表です。
    マウスやキーボードの操作などクライアントサイドの処理を担当します。
    クライアントサイドスクリプトが正常に動作するか否かは、主に IE や Netscape など使用する WWW ブラウザに依存します。

  2. これに対して、サーバーサイドスクリプトは Web サーバーサイドで動作するもので Perl や PHP がその代表です。
    JavaScript ほどの派手さはありませんが、クライアントサイドでは対応できない処理を担当します。
    サーバーサイドで直接実行されるので実行速度が速く、クライアントに依存しない共通の環境を提供します。
    例えば、サーバーを介して peer to peer で接続したり、複数のクライアントが同時に参加するゲームなどでは、欠くことができません。
    これらの言語は CGI(Common Gateway Interface) と言われるもので、Web ページとブラウザの間にたって仲介をします。
    つまりブラウザが実行する HTML のソースコードを JavaScript や Perl や PHP で吐き出します。
    プログラムを出力するプログラムをメタプログラムと言いますが、この機能により柔軟性に富んだゲームプログラムなどの作成が可能になります。
    メタプログラムで間接的に HTML を作成するために、元のソースコードを他人に知られること無く隠匿することが出来ます。
    サーバーサイドスクリプトが正常に動作するか否かは、主に WWW サーバーに依存します。

  3. Perl を使ったホームページを作成するには Perl のサービスが提供されている WWW サーバーが必要です。
    WWW サーバー には UNIX(アパッチなど)を使ったものや Microsoft の IIS や PWS を使ったものがあります。
    ホームページを作成するには、自分のマシンに WWW サーバーを構築する方法とプロバイダと契約する方法があります。
    Perl のページを動かすには Perl のサービスを提供しているプロバイダを探すことが現実的です。
    宣伝のアイコンが描画されることさえ我慢すれば (^_^;) ネットで検索すれば「無料で使えるサーバー」が見つかるはずです。
    注意しなければならないことは、プロバイダによって多少の違いを覚悟しなければならない事です。

  4. サーバーにファイルを転送(アップロード)するためのツールを準備して下さい。
    プロバイダによっては、専用のツールが提供される場合があります。
    今まで私は FFFTP を使ってアップロードしていました。
    FFFTP は有名なフリーソフトなのでネットで検索すればすぐ見つかるはずです。

  5. 今回は Space-i のサーバーを使わせていただけることになり、専用のツールでアップロードします。
    Hello! Perl Program をクリックすると hello.cgi が実行されます。
    hello.cgi は perl で組まれた最も簡単なプログラムです。
    #!/usr/local/bin/perl --
    print "Content-type: text/html\n\n";
    print "<h2>Hello! Perl Program</h2>\n";
    exit;
    
    ここから先は HTML 言語やホームページ作成の基本的な知識が必要です。

前田稔の超初心者のプログラム入門
超初心者のプログラム入門(Perl)