ヒアドキュメント

ヒアドキュメントで HTML のページを表示します。
ヒアドキュメント

プログラムの説明

  1. サーバーサイドで print 文で書き出された文字列はブラウザに渡されます。
    ブラウザは渡された文字列に従ってホームページを表示してくれます。
    ヒアドキュメントを使うと一行ごとに print 文を書く必要が無くなりプログラムがすっきりします。
    ヒアドキュメントでページの体裁を整えて表示する hdoc.cgi です。
    #!/usr/local/bin/perl
    
    print << "EOD";
    Content-type: text/html
    
    <HTML>
    <BODY>
      <H1>ヒアドキュメント</H1>
      Perl はパールと読みますが、真珠の(pearl)とは a の文字が足りません。<BR>
    </BODY>
    </HTML>
    EOD
    
  2. hdoc.cgi を shift-jis でタイプして、アップロードして実行権を設定して下さい。
    ページ先頭のリンクをクリックすると Perl のプログラムが実行されます。
  3. "EOD" はヒアドキュメントの終わりを示す識別子です。
    適当な名前で構いませんが EOD(end of data)などが良く使われます。
  4. Content-type: text/html の後に空白行を開けて下さい。
    ヒアドキュメントの基礎は ヒアドキュメント を参照して下さい。

前田稔の超初心者のプログラム入門
超初心者のプログラム入門(Perl)