Perl とは?

Perl 入門ではプログラム経験が全く無い方でも学んでいただけるように構成しています。
このページを通じて「ぜひプログラムの面白さ」を体験して下さい。

Perl はパールと読みますが、真珠の(pearl)とは a の文字が足りません。
Perl は Practical Extration and Report Language の略で、 1986年ネットワーク上のシステムリソースを管理する目的で作られた言語ですが、 使いやすさと強力な文字列処理機能が注目され、 インターネットホームページの CGI(Common Gateway Interface) 用の言語として現在最も広く使われています。

初めて学ぶプログラム言語として以下の理由から perl を選びました。

  1. ただでソフトが手に入る。
    インターネットのホームページを通じて無料でダウンロードできます。

  2. 操作が簡単である。
    ソースプログラムをそのまま実行するインタープリタ型言語で、簡単なプログラムはコマンドラインから直接タイプして実行できます。

  3. 初めての方でも簡単にプログラムが作成できる。
    簡単なプログラムなら「ほんの数文字」です。

  4. 時代の流れに乗っている。
    インターネットの CGI に使用する言語として現在注目を集めています。

  5. マスターすると実務に役立つ。
    インターネットのホームページ作成に威力を発揮します。

  6. Perl でプログラミングの基礎を勉強する。
    Perl はサーバーサイドで動作するスクリプト言語で、Perl を動かすにはサーバー側にその機能が備わっていなければなりません。
    幸いにしてコマンドラインの環境でも十分にプログラミングの経験が出来るので、基本的な勉強から始めましょう。

perl の変数名

$スカラー変数
%ハッシュ変数
@配列
&サブルーチン
*型グロブ

$_入出力処理などで変数を省略したときのデフォルト変数
@_サブルーチンに渡された配列を保存する変数
@ARGVコマンドラインの引数を保存する変数
@ENV環境変数($ENV{'QUERY_STRING'} は FORM から入力された値)

スイッチの説明

-e1行のスクリプトを直接タイプ入力します
-w1度しか使われない識別子、設定される前に使われている変数に警告を出します
-vPerl 実行ファイルのバージョンとパッチレベルを表示します
-cPerl にスクリプトの構文のチェックを行なわせ、実行せずに抜けるようにします
-複数行のスクリプトをタイプ入力します(入力の終わりは __END__)
詳しい説明は スイッチ一覧 を参照して下さい。

数値比較

記号 説明
> より大きい
>= より大きいか等しい
< より小さい
<= より小さいか等しい
== 等しい
!= 等しくない
<=>左側>右側:1、左側=右側:0、左側<右側:-1

文字比較

記号 説明
gt より大きい
ge より大きいか等しい
lt より小さい
le より小さいか等しい
eq 等しい
ne 等しくない
cmp左側>右側:1、左側=右側:0、左側<右側:-1

前田稔の超初心者のプログラム入門
超初心者のプログラム入門(Perl)