ファイルの作成

TEXT 形式のデータをファイルに書き出します。

プログラムの説明

  1. エディタで File_Put.pl を作成して下さい。
    ファイルを作成して TEXT 形式のデータをファイルに書き出します。
    $file = "test.txt";
    open (DATA, ">$file");
    print DATA "りんご\n";
    print DATA "バナナ\n";
    print DATA "パイナップル\n";
    print DATA "いちご\n";
    close (DATA);
    print "test.txt Complete\n";
    
  2. 【実行画面】
    C:\DATA\Perl>perl File_Put.pl
    test.txt Complete
    
    C:\DATA\Perl>type  test.txt
    りんご
    バナナ
    パイナップル
    いちご
    
    C:\DATA\Perl>
    
  3. $file = "test.txt" が作成するファイルの名前です。
    open (DATA, ">$file"); でファイルをオープンします。
    DATA はファイルハンドルです。適当な名前を使って下さい。
    > はファイルサイズをゼロにして、書き込み用にオープンします。
    省略するか < を付けると入力用にオープンされます。
    >> を付けると追加書き込み用にオープンされます。
    他にもあるのですが、当面はこれで十分でしょう。
  4. print はファイルへの出力です。
    ファイルハンドルを省略すると標準出力装置に書き出されます。
    コマンドプロンプトで起動するとディスプレイ画面になります。
    今回は DATA を指定しているのでオープンされたファイルに書き出されます。
    \n は改行コードです。
  5. 出力が終われば close して下さい。
    これでカレントフォルダー(実行中のディレクトリ)にファイルが作成されます。
    type test.txt で "test.txt" を印字して確認しています。
    サーバーへのアップロードは サーバーに保存 を参照して下さい。

【NOTE】

作成された test.txt(shift_jis) の改行コードは \r\n(0D0A) が設定されていました。

前田稔の超初心者のプログラム入門
超初心者のプログラム入門(Perl)