イメージを選択して下さい。


【Source Code】
<script type="text/javascript">
<!--
  function imgdisp(parts)
  {   fname=parts.options[parts.selectedIndex].value;
      document.write("<img src="+fname+"><br>");
      document.write("<a href=selbox.html>戻る</a><br>");
  }
// -->
</script>
</head>

<body>
<h2>イメージを選択して下さい。</h2>

<form method="post">
<select name="img" onChange="imgdisp(this)">
<option value="dumy">イメージリスト
<option value="../img/enemy1.gif">イメージ1
<option value="../img/enemy2.gif">イメージ2
<option value="../img/enemy3.gif">イメージ3
</select>
</form>

select グループからイメージを選択して imgdisp(this) を呼び出します。
<form method="post">
<select name="img" onChange="imgdisp(this)">
<option value="dumy">イメージリスト
<option value="../img/enemy1.gif">イメージ1
<option value="../img/enemy2.gif">イメージ2
<option value="../img/enemy3.gif">イメージ3
</select>
</form>

JavaScript 関数です。
this で渡された parts(form のポインタ)から、選択されている画像を表示します。
document.write で吐き出された TEXT は新しいページとして表示されます。
<script type="text/javascript">
<!--
  function imgdisp(parts)
  {   fname=parts.options[parts.selectedIndex].value;
      document.write("<img src="+fname+"><br>");
      document.write("<a href=selbox.html>戻る</a><br>");
  }
// -->
</script>

[戻る] がクリックされたとき直接 selbox.html を呼び出しましたが [前の画面に戻る] の方が適しているかも知れません。
  document.write("<a href='javascript:history.back()'>前の画面に戻る</a><br>"); 

前田稔の超初心者のプログラム入門
超初心者のプログラム入門(JavaScript)