form Parameter

DATA-1: DATA-2:

【Source Code】
<form action="parameterget.html" method="get">
  DATA-1: <input type="text" name="data1">
  DATA-2: <input type="text" name="data2">
  <input type="submit">
</form>

form からタイプされたデータを引数にして action から parameterget.html を呼び出します。
action には一般的にサーバー上で動作する SSL を指定します。
SSL(perl や PHP など)は、form のデータを受け取ってサーバーサイドで処理します。
例えば、タイプ入力された情報を解析してデータベースなどに登録します。

今回は action に HTML FILE を設定して呼び出してみました。
"submit" がクリックされると "parameterget.html" が呼び出されます。
パラメータを受け取る GET リクエストを取得 は先に説明しています。
<script type="text/javascript">
    window.onload=getdata;
    function getdata()
    {   window.alert(window.location.search);  }
</script>

超初心者のプログラム入門(JavaScript)のページでは SSL のプログラムは使いません。
SSL は PHP Network Game のページ超初心者のプログラム入門(Perl) などを参照して下さい。

前田稔の超初心者のプログラム入門
超初心者のプログラム入門(JavaScript)