CSS Before

CSS(Cascading Style Sheets)

JavaScript と CSS は別物ですが、JavaScript でゲームを作成するとき CSS の機能が良く使われます。
CSS(Cascading Style Sheets、カスケーディング・スタイル・シート)とは、ウェブページのスタイルを指定するための言語です。
HTMLやXHTMLなどで作成されるウェブページにスタイルを適用する場合には、スタイルシート言語の1つであるCSSが一般的に利用されています。

CSSは、HTMLと組み合わせて使用する言語です。
HTMLがウェブページ内の各要素の意味や情報構造を定義するのに対して、CSSではそれらをどのように装飾するかを指定します。
例えば、ウェブページがスクリーンに表示される際の色・サイズ・レイアウトなどの表示スタイルや、 プリンタなどの機器で印刷・出力される際の出力スタイル、 音声で読み上げられる際の再生スタイルなど、 ウェブページをどのようなスタイルで表示・出力・再生するかについて指定することができます。
HTMLでは文書構造のみを定義して、スタイルについてはスタイルシートで指定することが推奨されています。

HTML4.01やXHTML1.0では

フォントの設定

ヘッダーの表示


フォントのサイズ
フォントの色
サイズと色

などを指定できます。
装飾目的の属性については現在のところ非推奨(deprecated)とされながらも使用することができますが、 HTMLの次世代バージョンとなるHTML5では、<center>や<font>などは廃止される予定となっています。
詳細は CSSの基本 を参照して下さい。

このページの抜粋です。
[div class="xx"], [span class="xx"], [img class="xx"] などから CSS を参照します。
今回はスタイルファイル(.css)をリンクしていないので機能しません。
但し <h1> <h2> は、既定のタグが使われるので文字が大きく表示されます。
HTML4.01やXHTML1.0では<br>
<h1>フォントの設定</h1>
<h2>ヘッダーの表示</h2><br>
<span class="s1">フォントのサイズ</span><br>
<span class="red">フォントの色</span><br>
<span class="s2"><span class="red">サイズと色</span></span><br><br>

などを指定できます。<br>

CSS を適用した CSS を適用する と比較して下さい。
ブラウザにより多少の違いがあり、使えない機能があるかも知れません。
私は Microsoft Edge で実行を確認しました。

前田稔の超初心者のプログラム入門
超初心者のプログラム入門(JavaScript)