配列の追加と削除と反転

配列に要素を「追加/削除」します。
配列を反転して印字します。

先頭に追加

【実行画面】
F12 からコンソールタブを選択して、デバッグモードで実行して下さい。

【Source Code】
var array = ['b', 'c'];

array.unshift('a');
console.log(array); // ['a', 'b', 'c']

var array に 'b', 'c' を定義します。
array の先頭に 'a' を追加します。

末尾に追加

【実行画面】

【Source Code】
var array = ['a', 'b'];

array.push('c');
console.log(array); // ['a', 'b', 'c']

var array に 'a', 'b' を定義します。
array の末尾に 'c' を追加します。

先頭を削除

【実行画面】

【Source Code】
var array = ['a', 'b', 'c'];

array.shift();
console.log(array); // ['b', 'c']

array に 'a', 'b', 'c' を定義します。
先頭の 'a' を削除します。

末尾を削除

【実行画面】

【Source Code】
var array = ['a', 'b', 'c'];

array.pop();
console.log(array); // ['a', 'b']

array に 'a', 'b', 'c' を定義します。
末尾の 'c' を削除します。

要素を指定して削除

【実行画面】

【Source Code】
var array = ['a', 'b', 'c', 'd', 'e'];

array.splice(1, 2);
console.log(array);	// ['a', 'd', 'e']

array に 'a', 'b', 'c', 'd', 'e' を定義します。
1番目('b')から2個削除します。

配列を反転する

【実行画面】

【Source Code】
var array = [1, 2, 3, 4, 5];
console.log(array.reverse()); //5, 4, 3, 2, 1

array に 1, 2, 3, 4, 5 を定義します。
array.reverse() で配列を反転して印字します。

配列の詳細は JavaScriptの配列の使い方まとめ 及び JavaScriptの配列の要素を削除する を参照して下さい。

前田稔の超初心者のプログラム入門
超初心者のプログラム入門(JavaScript)