クリックで手を決める

グー・チョキ・パーの画像をクリックして手を決めます。

前田稔の超初心者のプログラム入門

プログラムの作成

  1. メモ帳などでタイプして click.java の名前で保存して下さい。
    //★ クリックで手を決める    前田 稔
    import java.awt.*;
    import javax.swing.*;
    import java.awt.event.*;
    
    public class click extends JApplet implements MouseListener
    {   static  Image   img;
        static  int     hand = 0;
    
        // Initialize
        public void init()
        {   img = getImage(getDocumentBase(),"jyanken.gif");
            addMouseListener(this);
        }
    
        // Paint
        public void paint(Graphics g)
        {   g.drawImage(img,0,0,240,80,this);
            g.drawImage(img,120,80,240,200,hand*120,0,hand*120+120,120,this);
        }
    
        public void mouseClicked(MouseEvent e)
        {   hand= ((e.getX()+10)/80);
            repaint();
        }
    
        public void mousePressed(MouseEvent e){}
        public void mouseReleased(MouseEvent e){}
        public void mouseEntered(MouseEvent e){}
        public void mouseExited(MouseEvent e){}
    }
    
  2. Java Applet を起動する HTML ファイルを作成して下さい。
    画面のサイズは width=240 height=200 ぐらいが適当です。
    ホームページを表示する HTML ファイルの作成とコンパイルの説明は Java Applet を使う を参照して下さい。
  3. インターネットブラウザを起動して click.htm を表示して下さい。
    グー・チョキ・パーをマウスでクリックして、その手が表示されたら完成です。

Java プログラムの説明

  1. マウスのクリックを検出するので java.awt.event.* をインポートします。
    class click では extends(クラスの継承) で JApplet を指定して下さい。
    マウスのクリックを検出するので MouseListener を implements(実装) します。
    img が画像の領域で、hand が出す手(0〜2)を決める領域です。
        import java.awt.*;
        import javax.swing.*;
        import java.awt.event.*;
    
        public class click extends JApplet implements MouseListener
        {   static  Image   img;
            static  int     hand = 0;
        
  2. init() メソッドでアプレットの初期化を行います。
    img にグー・チョキ・パーの画像を入力します。
    画像サイズは 360*120 で、グー・チョキ・パーの画像が横に並んでいます。
    addMouseListener() で、マウスリスナーを組み込みます。
        // Initialize
        public void init()
        {   img = getImage(getDocumentBase(),"jyanken.gif");
            addMouseListener(this);
        }
        
  3. paint() メソッドでウインドウに画像を描画します。
    最初にグー・チョキ・パーの画像をサイズを縮小して描画します。
    その下に hand で指示された画像を描画します。
        // Paint
        public void paint(Graphics g)
        {   g.drawImage(img,0,0,240,80,this);
            g.drawImage(img,120,80,240,200,hand*120,0,hand*120+120,120,this);
        }
        
  4. マウスがクリックされたときの処理です。
    クリックされた座標からグー・チョキ・パーを計算して hand に設定します。
    repaint() で描画するメソッド(paint) を呼び出します。
        public void mouseClicked(MouseEvent e)
        {   hand= ((e.getX()+10)/80);
            repaint();
        }
        
  5. クリック以外は使わないので形式的に記述するだけです。
            public void mousePressed(MouseEvent e){}
            public void mouseReleased(MouseEvent e){}
            public void mouseEntered(MouseEvent e){}
            public void mouseExited(MouseEvent e){}
        

Java Game Program