JSTL c:out Sample

c:out

test:writing

expression:test
tag:t<u>es</u>t
tag(not escape):test
c:out

234 + 123 = 357
234 / 123 = 1.9024390243902438
234 div 123 = 1.9024390243902438
234 < 123 = false
234 lt 123 = false

JSTL の c:out サンプルプログラムです。

前田稔の超初心者のプログラム入門

jstlsample.jsp NO-1

  1. このアプリケーションの開発用に webapps の下に jstl のフォルダーを作成しました。
    +jstl
        +WEB-INF
            +lib
                ・jstl.jar
                ・standard.jar
        ・jstlsample.jsp
    
  2. サイトから JSTL をダウンロードして jstl.jar と standard.jar を格納して下さい。
    ダウンロードは タグライブラリ を参照して下さい。
  3. jstlsample.jsp のソースコードです。
    このプログラムは uri="http://java.sun.com/jstl/core" でも動きます。
    <%@page contentType="text/html"%>
    <%@taglib prefix="c" uri="http://java.sun.com/jstl/core"%>
    
    <html>
    <head><title>JSP Page</title></head>
    <body>
    <h1>c:out</h1>
    test:<c:out value="writing"/><br>
    <br>
    expression:<%="t<u>es</u>t"%><br>
    tag:<c:out value="t<u>es</u>t"/><br>
    tag(not escape):<c:out value="t<u>es</u>t" escapeXml="false"/><br>
    
    </body>
    </html>
    
  4. プログラムを実行します。
    "C:\tomcat\bin\tomcat7w.exe" を選択して、管理者として実行から apache-tomcat を起動します。
    WWW ブラウザを起動して下記の URL を張り付けて下さい。
    http://localhost:8080/jstl/jstlsample.jsp
    次の画面が表示されたら完成です。
    c:out
    
    test:writing
    
    expression:test
    tag:t<u>es</u>t
    tag(not escape):test
    
  5. 「<%=〜%>」の形の「式」では、「<」などがそのまま出力されるため、「<u>」の効果が現れて下線が引かれています。
    <c:out>では、「<」や「>」は「&lt;」や「&gt;」にエスケープされているので、「<u>」などがそのまま表示されています。
    ただ、その下の行では escapeXml を false に設定しているので、「式」の場合と同じように「<」などがそのまま出力されて「<u>」の効果が現れています。

jstlsample.jsp NO-2

  1. jstlsample.jsp のソースコードです。
    <%@page contentType="text/html"%>
    <%@taglib prefix="c" uri="http://java.sun.com/jsp/jstl/core"%>
    <html>
    <head><title>JSP Page</title></head>
    <body>
    <h1>c:out</h1>
    test:<c:out value="writing"/><br>
    <br>
    <%
    String s = "t<u>es</u>t";
    request.setAttribute("sss",s);
    %>
    expression:<%=request.getAttribute("sss")%><br>
    tag:<c:out value="${sss}"/><br>
    tag(not escape):<c:out value="${sss}" escapeXml="false"/><br>
    </body>
    </html>
    
  2. プログラムを実行します。
    WWW ブラウザを起動して下記の URL を張り付けて下さい。
    http://localhost:8080/jstl/jstlsample.jsp
    次の画面が表示されたら完成です。
    c:out
    
    test:writing
    
    expression:test
    tag:t<u>es</u>t
    tag(not escape):test
    
  3. setAttribute("sss",s); で "sss" に対して "t<u>es</u>t" を設定します。
    その値を getAttribute("sss") で取得して表示します。
    String s = "t<u>es</u>t";
    request.setAttribute("sss",s);
    expression:<%=request.getAttribute("sss")%><br>
    

jstlsample.jsp NO-3

  1. jstlsample.jsp のソースコードです。
    <%@page contentType="text/html"%>
    <%@taglib prefix="c" uri="http://java.sun.com/jsp/jstl/core"%>
    <html>
    <head><title>JSP Page</title></head>
    <body>
    <h1>c:out</h1>
    234 + 123 = <c:out value="${234 + 123}"/><br>
    234 / 123 = <c:out value="${234 / 123}"/><br>
    234 div 123 = <c:out value="${234 div 123}"/><br>
    234 < 123 = <c:out value="${234 < 123}"/><br>
    234 lt 123 = <c:out value="${234 lt 123}"/><br>
    </body>
    </html>
    
  2. プログラムを実行します。
    WWW ブラウザを起動して下記の URL を張り付けて下さい。
    http://localhost:8080/jstl/jstlsample.jsp
    次の画面が表示されたら完成です。
    c:out
    
    234 + 123 = 357
    234 / 123 = 1.9024390243902438
    234 div 123 = 1.9024390243902438
    234 < 123 = false
    234 lt 123 = false
    

Java Game Program