乱数で石の個数を決める



石の個数を乱数で決める JSP のサンプルプログラムです。

前田稔の超初心者のプログラム入門

プログラムの作成

  1. 乱数で石の個数を決めて、横に並べて描画する JSP のアプリケーションを作成します。
    ソースプログラム Img.jsp を jsp のフォルダーに格納して下さい。
    プログラムで描画する画像(Jewel.gif)も、Img.jsp と同じフォルダーに格納しています。
      +hoge
          +jsp
              ・HelloWorld.jsp      //前のページで格納したファイル(今回は不要)
              ・Img.jsp             //画像を並べて描画する JSP
              ・Jewel.gif           //画像ファイル
    
  2. Img.jsp のソースコードです。
    乱数を使うので java.util.* を <%@ page contentType="text/html; charset=Shift_JIS" import="java.util.*" %> で import します。
    <%@ page contentType="text/html; charset=Shift_JIS" import="java.util.*" %>
    <html>
    <head>
    <title>Image View</title>
    </head>
    <body>
    <%
      Random  rand = new Random();
      int  n = rand.nextInt(10)+1;
      for(int i=0; i<n; i++)
        out.println("<img src='Jewel.gif'>");
    %>
    </body>
    </html>
    
  3. apache-tomcat を立ち上げて、次の URL をブラウザに張り付けて下さい。
    http://localhost:8080/hoge/jsp/Img.jsp
    乱数で設定された数の分だけ、石が並べて描画されます。
    ブラウザの更新アイコンをクリックする度に、石の数が変わるので確かめて下さい。
  4. プログラムで描画する画像(Jewel.gif)は、Img.jsp と同じフォルダーに格納しました。
    img タグは、パスを付けずに Jewel.gif だけを指定しています。
    サーバーサイドでは、大文字/小文字の区別(J が大文字)が必要です。
    <img src='Jewel.gif'>
    混乱を避けるために、全てのファイル名を小文字で統一する方が無難かも知れません。 (^_^;)
    ブラウザのメニューからソースの表示を選ぶと、吐き出されたソースコードを確認することが出来ます。
  5. 私は何の問題も無く表示されたのですが、環境によっては全角文字(日本語)が文字化けするかも知れません。 (^_^;)
    そのときは次のソースを参考にして、文字コードを設定して下さい。
    <%@page contentType="text/html"%> 
    <%@page pageEncoding="UTF-8"%> 
    <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" 
        "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd"> 
    <jsp:useBean id="myBean" scope="request" class="Beans.MyBean" /> 
    <% request.setCharacterEncoding("UTF-8");%> 
    

Java Game Program