forward で処理を転送する

jsp:forward タグで、指定したファイルに処理を転送します。

前田稔の超初心者のプログラム入門

プログラムの作成

  1. 二個のソースプログラムファイルを jsp のフォルダーに格納して下さい。
    Send.jsp がフォワード(処理を転送)するプログラムで、Receive.jsp がフォワード先のプログラムです。
    +hoge
        +jsp
            ・Send.jsp
            ・Receive.jsp
    
  2. Send.jsp のソースコードです。
    <%@ page contentType="text/html; charset=Shift_JIS" %>
    
    <html>
      <head>
        <title>フォワード元</title> 
      </head> 
      <body> 
        <jsp:forward page="Receive.jsp"> 
          <jsp:param name="msg" value="AAAあああ"/> 
        </jsp:forward> 
      </body> 
    </html> 
    
  3. Receive.jsp のソースコードです。
    <%@ page contentType="text/html; charset=Shift_JIS" %>
    
    <html> 
      <head> 
        <title>フォワード先</title> 
      </head> 
      <body> 
        メッセージ:<%=request.getParameter("msg")%> 
      </body> 
    </html> 
    
  4. apache-tomcat を立ち上げて、WWW ブラウザに次の URL を張り付けて下さい。
    http://localhost:8080/hoge/jsp/Send.jsp
    Send.jsp から渡されたメッセージが Receive.jsp で表示されます。
  5. jsp:forward タグから、フォワード先のプログラム(Receive.jsp) を呼び出します。
    jsp:param name が Receive.jsp に渡すパラメータです。
        <jsp:forward page="Receive.jsp"> 
          <jsp:param name="msg" value="AAAあああ"/> 
        

Java Game Program