JSP⇒Applet

JSP の FORM から helloapplet.java を呼び出します。

前田稔の超初心者のプログラム入門

プログラムの作成

  1. JSP から Applet を呼び出す方法は、基本的には HTML からの呼び出しと同じです。
    ただ注意しなければならないことは JSP はサーバーサイドで動作するので、apache-tomcat の環境にアップロードします。
    私は C:\tomcat\webapps\ の下に applet のフォルダーを作成しました。
    +がフォルダーで、・がプログラマが格納するファイルで、*がコンパイラなどで作成するファイルです。
    +C:\tomcat\webapps\
        +applet
            ・helloapplet.jsp       helloapplet.java を呼び出す
            ・helloapplet.java      Hello Java Applet! を表示
            *helloapplet.class
    
  2. helloapplet.java(class)を呼び出す helloapplet.jsp です。
    JSP のソースですが、実質的には HTML と同じです。
    Servlets から Applet の呼び出しは Servlets⇒Applet を参照して下さい。
    <%@ page contentType="text/html; charset=Shift_JIS"%>
    <html>
      <title>HelloApplet</title>
      <body>
        <h3>Hello Applet</h3>
        <applet code="HelloApplet" width="200" height="100">
        </applet>
      </body>
    </html>
    
  3. helloapplet.java です。
    //★ "Hello Java Applet!" を表示    前田 稔
    import java.applet.Applet;
    import java.awt.*;
    
    public class HelloApplet extends Applet
    {   public void paint(Graphics g)
        {   g.drawString("Hello Java Applet!",20,50);
        }
    }
    
  4. helloapplet.java をコンパイルして helloapplet.class を作成して下さい。
    main() が無いのでエラーが表示されることがありますが、無視して下さい。
  5. サーブレットや JSP は apache-tomcat を立ち上げて「WWW ブラウザ」から実行します。
    apache-tomcat を起動するには "C:\tomcat\bin\tomcat7w.exe" を右クリックして、管理者として実行します。
    ウインドウが表示されたら Start ボタンをクリックします。
  6. WWW ブラウザを起動して URL に次の文字列を張り付けて下さい。
    http://localhost:8080/applet/helloapplet.jsp
    "Hello Java Applet!" が表示されたら完成です。
    Applet のプログラムは Java Applet を使う を参照して下さい。

Java Game Program