日本の国旗を表示する

下のリンクをクリックすると、このページで作成したアプレットが実行されます。
Java Applet を使ってホームページに日本の国旗を表示します。

前田稔の超初心者のプログラム入門

プログラムの作成

  1. メモ帳などでタイプして japan.java の名前で保存して下さい。
    サーバーサイドでは大文字と小文字の区別が必要になります。
    私はホームページの作成にあたり、HTMLファイルや画像ファイルの名前には小文字を使ってきました。
    Applet はサーバーにアップロードすることが前提なので、ファイル名やクラス名を小文字で統一することにします。
    【注意】パソコン上で動かす限りにおいては、大文字と小文字を区別する必要が無い場合もあります。
    //★ 日本の国旗を描画    前田 稔
    //   appletviewer japan.htm
    import java.applet.*;
    import java.awt.*;
    
    public class japan extends Applet
    {
        public void init()
        {   setBackground(Color.gray);
        }
    
        public void paint(Graphics g)
        {   super.paint(g);
            g.setColor(Color.white);
            g.fillRect(50,20,200,150);
            g.setColor(Color.red);
            g.fillArc(100,45,100,100,0,360);
        }
    }
    
  2. ホームページを表示する japan.htm を作成します。
    <html>
      <body>
        <h3>Java Applet で日本の国旗を表示</h3>
        <applet code=japan.class width=300 height=200>
        </applet>
      </body>
    </html>
    
  3. japan.java をコンパイルして japan.class を作成して下さい。
    main メソッドが定義されていないので、コンパイルした時に次のメッセージが表示されることがありますが、無視して下さい。
    [Exception in thread "main" java.lang.NoSuchMethodError: main]
  4. コマンドプロンプトから次のコマンドをタイプしてアプレットをテストします。
    appletviewer japan.htm
  5. 最終テストです。
    インターネットブラウザを起動して japan.htm を表示して下さい。
    アプレットを実行しようとするとセキュリティの警告画面が表示されることがありますが解除して下さい。
    ページ先頭の画像が表示されたら完成です。

Java プログラムの説明

  1. Applet のプログラムは java.applet.* を import して下さい。
    また Java ウインドウ操作用の API を使用するので java.awt.* をインポートします。
        import java.applet.*;
        import java.awt.*;
        
  2. class japan では extends(クラスの継承) で Applet を指定して下さい。
        public class japan extends Applet
        {
        
  3. init() メソッドでアプレット(アプリケーション)の初期化を行います。
    init() に制御が渡されたときには class japan はインスタンス化(生成)されています。
    画面のサイズは HTML で設定されるので setSize() は不要です。
    setBackground() で背景色を gray に設定してみました。
    背景色を設定しないのであれば init() メソッド全体を省略することが出来ます。
        public void init()
        {   //setSize(300, 200);    //画面のサイズは HTML で指定される
            setBackground(Color.gray);
        }
        
  4. paint() メソッドでウインドウを描画します。
    super.paint(g) を呼び出して画面を初期化(クリア)します。
    白で矩形を描画(fillRect)した上から赤で円を描画(fillArc)します。
        public void paint(Graphics g)
        {   super.paint(g);
            g.setColor(Color.white);
            g.fillRect(50,20,200,150);
            g.setColor(Color.red);
            g.fillArc(100,45,100,100,0,360);
        }
        

HTML ファイルの説明

  1. HTML では applet で japan.class を呼び出します。
    width=300 height=200 は Applet を表示するために確保された矩形領域です。
    このプログラムでは Applet 画面の背景色を灰色に設定しています。
    この領域をはみ出すと、はみ出た部分は表示されません。
    <html>
      <body>
        <h3>Java Applet で日本の国旗を表示</h3>
        <applet code=japan.class width=300 height=200>
        </applet>
      </body>
    </html>
    

【演習】

ホームページにフランスの国旗を表示して下さい。

Java Game Program