石を並べて描画

石を並べて描画する FORM のサンプル(JavaScript)です。
セキュリティの警告が表示されるときは解除して下さい。

サーブレットや JSP のプログラムを作成するには HTML を理解する必要があります。
少なくとも FORM の使い方ぐらいは、知っていなければなりません。
このページは Applet でも JSP でもない「JavaScript を使った HTML のページ」です。

Java Script

  1. Java Script は Java Applet と同様にクライアントサイドで動作します。
    Java で始まりますが Sun の Java とは別物です。
    Java Applet では MouseListener で直接マウスのクリックを検出するのに対して、HTML のページでは FORM を使います。
    基本的には選択(入力)された FORM に従って新しいページに移動(更新)します。
    サーブレットでのマウスの操作は、レスポンスが遅くゲームのプレイには向きません。
  2. 最も簡単な FORM のサンプルとして Java Script と組み合わせて説明しましょう。
    Java Script 関数です。
    石の個数を n で受け取って、document.write で IMG タグを繰り返します。
    <SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
      function disp(n)
      { for(i=0; i<n; i++) 
          document.write("<IMG SRC='../img/stone1.gif'>");
      }
    </SCRIPT>
    

FORM

  1. FORM の記述です。
    クリックされたボタンによって disp() のパラメータを「5, 6, 7」に設定して呼び出します。
    disp() 関数では新しいページに、指定された数だけ石を並べて表示します。
    <FORM METHOD="POST">
    <INPUT TYPE="button" VALUE="5個並べます" onClick="disp(5)">
    <INPUT TYPE="button" VALUE="6個並べます" onClick="disp(6)">
    <INPUT TYPE="button" VALUE="7個並べます" onClick="disp(7)">
    </FORM>
    
  2. ページ全体のソースコードはブラウザのメニューから[表示/ソースの表示]で確認して下さい。
    Java Script はネット上に沢山のページがアップロードされているので、そちらを参照して下さい。

Java Game Program