プログラム間通信

クライアントがサーバーを介してメッセージを交換する方法を考察します。
Java では Beans を使う方法がお勧めです。

前田稔の超初心者のプログラム入門

プログラムの作成

  1. クライアントがサーバーを介してメッセージを交換しながらゲームする方法を考察します。
    代表的な方法は、ファイル(データベースを含む)を共有するか、プログラム(Object)を共有するかです。
    大規模なシステムではデータベースを使うのでしょうが、ここでは Beans を使う方法を考察します。
    Java Beans には、スコープの機能が備わっていて、複数のクライアントが Beans の情報を共有できるようです。
    スコープの説明は、次のページを参照して下さい。
    HTML⇒Servlets⇒JSP
    Servlets(+Beans+スコープ)⇒JSP
    また Beans のスコープを応用したゲームは、次のページを参照して下さい。
    ネットでおしゃべり
    対戦型「石取りゲーム」
  2. ホームページから逐一応答しながら、ページの遷移を繰り返してゲームを進めるだけでは能がありません。 (^_^;)
    やはり面白いのは、リアルタイムに反応するRPGやシューティングゲームでしょうか。
    リアルタイムに反応するには、クライアントサイドで動作する Java Applet などでプログラムします。
    そこで Applet⇔Servlets 間で Beans を使ってメッセージをやりとりする方法を考えます。
    同じ JAVA のプログラムでも Applet はクライアントサイドで動作するのに対して、Servlets はサーバーサイドで動作します。
    クライアントサイドとサーバーサイドが通信する方法を見つけなければなりません。
    幸いにして Applet から Servlets にアクセスするプログラムのサイトを見つけました。感謝 \(^o^)/
    簡単なApplet-Servlet間通信
    このプログラムを参考にして、クライアント同士がメッセージを交換しながらプレイするゲームに挑戦してみようと思います。
  3. 最初のステップとして、一台のパソコンで二個のウインドウを開いて、情報を共有しながらキャラクタを動かすプログラムを作成しました。
    二個のウインドウからキャラクタを操作 を参照して下さい。
    左のウインドウでは猫を動かし、右のウインドウでは恐竜を動かします。

Java Game Program