BDK(Beans Development Kit)

BDK(Beans Development Kit) の説明です。

前田稔の超初心者のプログラム入門

プログラムの作成

  1. BDK(Beans Development Kit) とは Sun Microsystemes が提供している Beans の開発ツールです。
    Java Down Load から無料でダウンロードすることができます。 \(^o^)/
    BDK を使うと GUI の環境で操作して、Beans のプログラムや HTML ファイルを作成することが出来ます。
    プログラミングの知識が無い人でも、簡単に HTML から起動するプログラムを作成出来ると言う人もいます。
    しかし BDK で自動的に作成されたプログラムは、型にはまったものだけで、どう考えても役に立つとは思えません。
    あえて言えば「このプログラムは私が作成した」と自慢できるぐらいでしょうか。 (^_^;)
  2. とは言え、GUI の環境で操作するだけで Java のプログラムが作成出来るのも事実です。
    BDK を良く知らない人に自慢できるように、GUI の環境でプログラムを作成してみましょう。(ゝω・)v
    Sun Microsystemes のページから BDK をダウンロードしてインストールして下さい。
  3. BDK が C:\beans\ にインストールされているものとして説明します。
    1. C:\beans\beanbox\run.bat をダブルクリックして BDK を起動します。
    2. BlueButton をクリックすると十字カーソルに変わります。
      BeanBox 上でクリックすると青い矩形が張り付けられます。

    3. File/Make Applet で保存します。
      プログラムが完成したので BDK を終了します。
    4. 既定値では C:\beans\beanbox\tmp\myApplet\ にプログラムが作成されています。
      +myApplet
          +myApplet_files
              ・GNUmakefile
              ・Makefile
              ・myApplet.class
              ・myApplet.java
          ・buttons.jar
          ・myApplet.html
          ・myApplet.jar
          ・myApplet_readme
          ・support.jar
      
    5. C:\beans\beanbox\tmp\myApplet\myApplet.html をダブルクリックで起動します。
      セキュリティを解除すると「青の矩形」が表示されます。
      どうです!簡単でしょう。 (●^o^●)
    6. 確認が終われば C:\beans\beanbox\tmp\ の中を削除して空にします。
      残しておいても役に立つとは思えませんし、必要なら簡単に作成することが出来ます。
  4. 同じ要領で ExplictButton を張り付けてみて下さい。
    press ボタンが表示されるのですが、ボタンをクリックしても何も起こりません。
    同じ要領で Molecule を張り付けてみて下さい。
    分子構造の画像が表示されます。
    他にも幾つか用意されているので、確かめてみて下さい。
  5. Jugglet は残念ながら実行時にエラーが表示されてアニメーションが描画されませんでした。
    原因は Applet を継承しているからでしょうか。 (?_?;
    Jugglet を実行する方法は BDK Demo を参照して下さい。
    どうやら BDK は Java Beans の作成やテストで使うように提供されているようです。

超初心者のプログラム入門(Java2)