TEXT FILE を入力する

Applet で HTML ファイルと同じ URL に格納されている TEXT FILE を入力します。
今回は Applet で使っている text.htm をそのまま入力して表示します。
<html>
  <body>
    <h3>TEXT FILE INPUT</h3>
    <applet code="text.class" width="300" height="240">
    </applet>
  </body>
</html>

下のリンクをクリックすると、このページで作成したアプレットが実行されます。
TEXT FILE(text.htm)を表示する

前田稔の超初心者のプログラム入門

プログラムの作成

  1. メモ帳などでタイプして text.java の名前で保存して下さい。
    //★ Text File を表示    前田 稔
    //   appletviewer text.htm
    import java.applet.*;
    import java.awt.*;
    import java.io.*;
    import java.net.URL;
    
    public class text extends Applet
    {   String s = null;
    
        public void paint(Graphics g)
        {   try
            {   InputStream is = new URL(getDocumentBase(),"text.htm").openStream();
                InputStreamReader myin = new InputStreamReader(is);
                BufferedReader br = new BufferedReader(myin);
                for(int i=0; i<10; i++)
                {   s = br.readLine();
                    if (s==null) break;
                    g.drawString(s,5,i*20+10);
                }
                br.close();
            }
            catch(IOException e)
            {   System.out.println("File Open Error: test.java");  }
        }
    }
    
  2. 入力する TEXT FILE は何でも良いのですが、Applet で使っている text.htm をそのまま使うことにします。
    ホームページを表示する text.htm を作成します。
    <html>
      <body>
        <h3>TEXT FILE INPUT</h3>
        <applet code="text.class" width="300" height="240">
        </applet>
      </body>
    </html>
    

プログラムの説明

  1. Applet のプログラムは java.applet.* をインポートして下さい。
    ファイルを入力するので java.io.* と java.net.URL をインポートします。
    s は TEXT DATA を入力する一行分のバッファ領域です。
        import java.applet.*;
        import java.awt.*;
        import java.io.*;
        import java.net.URL;
    
        public class text extends Applet
        {   String s = null;
        
  2. try で TEXT FILE を入力します。
    new URL() で InputStream をオープンします。
    InputStreamReader() をインスタンス化します。
    BufferedReader() で InputStreamReader を br に設定します。
    br.readLine() で一行ずつ入力しながら g.drawString() で描画します。
    入力ファイルが無くなると s==null になります。
    catch でファイル入力が失敗したときの処理を記述します。
        public void paint(Graphics g)
        {   try
            {   InputStream is = new URL(getDocumentBase(),"text.htm").openStream();
                InputStreamReader myin = new InputStreamReader(is);
                BufferedReader br = new BufferedReader(myin);
                for(int i=0; i<10; i++)
                {   s = br.readLine();
                    if (s==null) break;
                    g.drawString(s,5,i*20+10);
                }
                br.close();
            }
            catch(IOException e)
            {   System.out.println("File Open Error: test.java");  }
        }
        

【NOTE】

ローカルディスクからのファイルの入出力は、セキュリティの関係で禁止されています。
あえて入出力を行うときは、セキュリティの設定が必要です。
このプログラムでも入力するのは HTML と同じ URL に格納されているファイルです。

Java Game Program