Servlets⇒Applet

Servlets から Applet を呼び出す HTML を吐き出します。

前田稔の超初心者のプログラム入門

プログラムの作成

  1. Servlets から Applet を呼び出すフォルダーの構成です。
    +がフォルダーで、・がプログラマが格納するファイルで、*がコンパイラなどで作成するファイルです。
    +applet
        +WEB-INF
            +classes
                ・appletcall.java   //Applet を呼び出す Servlets
                *appletcall.class
            ・web.xml               //Servlets のマッピング
        ・helloapplet.java          //Servlets から呼び出される Applet
        *helloapplet.class
    
  2. ソースプログラムです。
    ファイル名 説明
    helloapplet.java Servlets から呼び出される Applet
    appletcall.java Applet を呼び出す Servlets
    web.xml TEXT FILE を入力 を参照して各自で作成して下さい
  3. appletcall.java をコンパイルして appletcall.class を作成します。
    helloapplet.java をコンパイルして helloapplet.class を作成します。
    詳細は JSP Error Guide を参照して下さい。
  4. "C:\tomcat\bin\tomcat7w.exe" を選択して、管理者として実行から apache-tomcat を起動します。
    WWW ブラウザを起動して下記の URL を張り付けて下さい。
    http://localhost:8080/applet/appletcall
    次の画面が表示されたら完成です。

プログラムの説明

  1. helloapplet.java は "Hello Java Applet!" を表示するだけの簡単な Java Applet です。
    Java Applet はクライアントサイドで実行されるのに対して、Servlets はサーバーサイドで実行されます。
    Applet だけなら apache-tomcat も複雑なファルダーの構成も不要なのですが、 (^_^;)
    Servlets から Applet を呼び出すとなると、Servlets の実行環境を整えてやらなければなりません。
  2. Servlets のプログラム(appletcall.java)では helloapplet.java を呼び出すための HTML を吐き出します。
    吐き出された HTML が WWWブラウザに渡されて helloapplet が実行されます。
    HTML から Applet の呼び出しは JSP⇒Applet を参照して下さい。

Java Game Program