Java で良く使う変数

C:\DATA\Java2\Dos>java Variable
char型   : a
byte型   : -128
short型  : 12345
int型    : 654321
float型  : 3.14
double型 : 12.3456
String型 : Java String
boolean型 : true
 -- Press any key to exit (Input "c" to continue) --
Java で良く使用する変数とその使い方です。

前田稔の超初心者のプログラム入門

プログラムの作成

  1. メモ帳などでタイプして Variable.java の名前で保存して下さい。
    //★ 変数(Variable)を使う  前田 稔
    class Variable
    {   public static void main(String args[])
        {   char    v_char = 'a';
            byte    v_byte = -128;
            short   v_short = 12345;
            int     v_int = 654321;
            float   v_float = 3.14f;
            double  v_double = 12.3456;
            String  v_str = "Java String";
            boolean v_bool = true;
    
            System.out.println("char型   : " + v_char);
            System.out.println("byte型   : " + v_byte);
            System.out.println("short型  : " + v_short);
            System.out.println("int型    : " + v_int);
            System.out.println("float型  : " + v_float);
            System.out.println("double型 : " + v_double);
            System.out.println("String型 : " + v_str);
            System.out.println("boolean型 : " + v_bool);
        }
    }
    
  2. Variable.java をコンパイルして Variable.class を作成して下さい。
    c:\tmp のファルダに Variable.Java を格納した場合です。
    コンパイルの詳細は Java を動かす を参照して下さい。
    c:\tmp>javac Variable.Java
  3. 次のコマンドをタイプしてオブジェクトを実行します。
    c:\tmp>java Variable
  4. ページ先頭の画面が表示されたら完成です。
    私は Variable.Java を C:\DATA\Java2\Dos のファルダに置いてテストしました。

プログラムの説明

  1. Java には unsigned の型は存在しないようです。
    byte も -128〜+127 の値を取ります。
  2. System は Java の最も基本となるクラスで println() で標準出力装置(画面)に印字します。
    println() に代えて print() を使うと印字後の改行は行われません。
    文字列に対して「+」演算子を使うと文字列が連結されます。
    System.out.println("char型 : " + var_char);
  3. 実は String はオブジェクトで、次の書き方は省略形です。
    String var_str;
    var_str = "Java String";
    new 演算子を使って次のように記述するのが正式な書き方です。
    String var_str;
    var_str = new String("Java String");

超初心者のプログラム入門(Java2)