ArrayList で String を使う

C:\DATA\Java2\01Dos>java ListString
one
two
three
four
five
--------------
0:one  1:Insert  2:zero  3:four
 -- Press any key to exit (Input "c" to continue) --
ArrayList(List) で String を使います。

前田稔の超初心者のプログラム入門

プログラムの作成

  1. メモ帳などでタイプして ListString.java の名前で保存して下さい。
    // ArrayList(List) String を使う    前田 稔
    import java.util.*;
    class  ListString
    {   public static void main(String[] args)
        {   ArrayList<String>  list = new ArrayList<String>();
    
            list.add("one");
            list.add("two");
            list.add("three");
            list.add("four");
            list.add("five");
            for(int i=0; i<list.size(); i++)
                System.out.println(list.get(i));
    
            list.set(1,"zero");
            list.remove(2);
            list.remove(3);
            list.add(1,"Insert");
            System.out.println("--------------");
            System.out.println("0:" + list.get(0) + "  1:" + list.get(1) +
                               "  2:" + list.get(2) + "  3:" + list.get(3));
        }
    }
    
  2. java のソースファイルをコンパイルして class オブジェクトを実行して下さい。
    ページ先頭の画面が表示されたら完成です。

プログラムの説明

  1. ArrayList はリスト構造で連鎖された配列のようなもので、要素の「追加/挿入/削除」が簡単に出来るようになっています。
    ArrayList を使って String のリスト(配列のようなもの)を定義してみました。
    ArrayList を使うときは java.util.* をインポートして下さい。
    ArrayList<String> list; が ArrayList の定義で、new ArrayList<String>() でインスタンス化します。
    このとき配列と違ってサイズを指定する必要はありません。
        // ArrayList(List) String を使う    前田 稔
        import java.util.*;
        class  ListString
        {   public static void main(String[] args)
            {   ArrayList<String>  list = new ArrayList<String>();
        
  2. ArrayList に add() メソッドで String を追加します。
    配列と違って幾らでも (?_?; 追加することが出来ます。
    for ループで登録された String を表示しています。
    list.size() は現在の ArrayList のサイズで、list.get(i) で登録されている値を取得します。
            list.add("one");
            list.add("two");
            list.add("three");
            list.add("four");
            list.add("five");
            for(int i=0; i<list.size(); i++)
                System.out.println(list.get(i));
        
  3. list.set(1,"zero") で、1番目の値を変更します。
    list.remove(2) で、2番目の値を削除します。
    list.remove(3) で、3番目(元の4番目)の値を削除します。
    list.add(1,"Insert") で、1番目に追加挿入します。
    変更/削除/追加の結果をページ先頭の画像で確認して下さい。
            list.set(1,"zero");
            list.remove(2);
            list.remove(3);
            list.add(1,"Insert");
        
  4. ArrayList を下記のように List で定義しても使えるようで、ネットで良くみかけます。
    但し AWT のツールの中に List(Label や Button と同類)が存在するので、思わぬエラーメッセージが表示されることがあります。
    List<String> list = new ArrayList<String>();
  5. ArrayList で指定するデータの型(Object)は、データ宣言の時とは少し異なります。
        boolean     Boolean
        char        Character
        byte        Byte
        short       Short
        int         Integer
        long        Long
        float       Float
        double      Double
        

超初心者のプログラム入門(Java2)