new JDialog で生成する

JDialog(Swing) で DialogBox を表示します。

前田稔の超初心者のプログラム入門

プログラムの作成

  1. Swing を使って new JDialog で DialogBox を生成する方法です。
    DialogBox もウインドウの一種です。
    //★ JDialog を表示    前田 稔
    import java.awt.*;
    import javax.swing.*;
    
    public class JDialogNew
    {
        // Main()
        public static void main(String argv[])
        {   new JDialogNew();
        }
    
        // Constructor
        public JDialogNew()
        {   JDialog dialog = new JDialog();
            dialog.setTitle("Dialog Box");
            dialog.setSize(200, 100);
            dialog.show();
        }
    }
    

プログラムの説明

  1. java.awt.* と javax.swing.* をインポートします。
        import java.awt.*;
        import javax.swing.*;
        public class JDialogNew
        {
        
  2. main() では new JDialogNew() で JDialogNew Class をインスタンス化するだけです。
        // Main()
        public static void main(String argv[])
        {   new JDialogNew();
        }
        
  3. コンストラクタでは new JDialog() で JDialog Class をインスタンス化します。
    タイトルとサイズを設定して dialog.show() で表示します。
        // Constructor
        public JDialogNew()
        {   JDialog dialog = new JDialog();
            dialog.setTitle("Dialog Box");
            dialog.setSize(200, 100);
            dialog.show();
        }
        

プログラムの作成

  1. Constructor を使わずに main() で直接生成します。
    //★ Constructor を使わずに JDialog を表示    前田 稔
    import java.awt.*;
    import javax.swing.*;
    
    public class JDialogDirect
    {
        // Main()
        public static void main(String argv[])
        {   JDialog dialog = new JDialog();
            dialog.setTitle("Dialog Box");
            dialog.setSize(200, 100);
            dialog.show();
        }
    }
    
  2. 説明は先のプログラムを参照して下さい。
    main() で直接生成すると、ソースコードが短くて簡単なようですが、色々な問題も発生します。
    またこの方法は「スレッド安全性上お勧め出来ない」の記述を見かけたことがあります。

超初心者のプログラム入門(Java2)