HTML タグで画像を取得する

img タグ(HTML)で画像を取得して表示します。

前田稔の超初心者のプログラム入門

プログラムの説明

  1. メモ帳などでタイプして HtmlImage.java の名前で保存して下さい。
    //★ HTML で画像を取得する    前田 稔
    import java.awt.*;
    import javax.swing.*;
    
    class HtmlImage extends JFrame
    {
        // Main
        public static void main(String args[])
        {   new HtmlImage();
        }
    
        // Constructor
        public HtmlImage()
        {
            JLabel imageLabel =
                new JLabel("<html><img src=\"http://www.eonet.ne.jp/~maeda/img/java.jpg\">");
            add(imageLabel);
            setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
            setSize(600, 300);
            setVisible(true);
        }
    }
    
  2. ソースプログラムをコンパイルして class オブジェクトを実行して下さい。
    私のホームページから java.jpg の画像を取得して描画されたら完成です。

プログラムの説明

  1. java.awt.* と javax.swing.* をインポートします。
    class HtmlImage は JFrame を継承しています。
        import java.awt.*;
        import javax.swing.*;
        class HtmlImage extends JFrame
        {
        
  2. Main では HtmlImage() を生成するだけです。
        // Main
        public static void main(String args[])
        {   new HtmlImage();
        }
        
  3. Constructor で JLabel に私のページから画像をロードします。
    img タグは HTML の書き方に準じます。
    「" "」の中で「"」を使うときは「\"」と書きます。
    画像を設定した JLabel をウインドウに貼り付けて描画します。
        // Constructor
        public HtmlImage()
        {
            JLabel imageLabel =
                new JLabel("<html><img src=\"http://www.eonet.ne.jp/~maeda/img/java.jpg\">");
            add(imageLabel);
            setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
            setSize(600, 300);
            setVisible(true);
        }
        

超初心者のプログラム入門(Java2)