new Frame で背景色を設定する

new Frame で背景色が既定の色(白)と赤の、2枚の Window を同時に表示します。

前田稔の超初心者のプログラム入門

プログラムの作成

  1. new Frame(AWT) で Window(Frame) をインスタンス化(生成)する方法です。
    ファイル名は class の名前に「.java」を付け加えた FrameColor.java で保存して下さい。
    //★ Frame で背景色を指定する    前田 稔
    import java.awt.*;
    
    public class FrameColor
    {   private Frame frame;
    
        // Constructor
        public FrameColor()
        {   frame = new Frame("Color Frame");
            frame.setSize(400,300);
            frame.setVisible(true);
        }
    
        // Constructor(指定された色を背景色に設定)
        public FrameColor(Color color)
        {   this();                             //パラメータを省略したときのコンストラクタを呼び出す
            frame.setBackground(color);         //指定された色を背景色に設定
        }
    
        // main()
        public static void main(String argv[])
        {   FrameColor cf1 = new FrameColor();
            FrameColor cf2 = new FrameColor(new Color(255,0,0));
        }
    }
    

プログラムの説明

  1. このプログラムでは2個のコンストラクタが使われています。
    public FrameColor() がパラメータを省略したときのコンストラクタです。
    new Frame("Color Frame") で Frame をインスタンス化(生成)します。
        // Constructor
        public FrameColor()
        {   frame = new Frame("Color Frame");
            frame.setSize(400,300);
            frame.setVisible(true);
        }
        
  2. 背景色を設定する2個目のコンストラクタです。
    this(); でパラメータを省略したときのコンストラクタを呼び出してから背景色を設定しています。
    frame.setBackground(color) で Frame の背景色を設定します。
        // Constructor(指定された色を背景色に設定)
        public FrameColor(Color color)
        {   this();                             //パラメータを省略したときのコンストラクタを呼び出す
            frame.setBackground(color);         //指定された色を背景色に設定
        }
        
  3. main() プログラムでは new FrameColor(); でパラメータを省略したときのコンストラクタ呼び出して Window を表示します。
    次に new FrameColor(new Color(255,0,0)); で背景色を赤に設定するコンストラクタを呼び出します。
        public static void main(String argv[])
        {   FrameColor cf1 = new FrameColor();
            FrameColor cf2 = new FrameColor(new Color(255,0,0));
        }
        

超初心者のプログラム入門(Java2)