Listener を使ってプログラムを終了する

Listener を使って Window を閉じるとプログラムを終了します。

前田稔の超初心者のプログラム入門

プログラムの作成

  1. メモ帳などでタイプして FrameClose.java の名前で保存して下さい。
    //★ Window Close Sample    前田 稔
    import java.awt.*;
    import java.awt.event.*;
    
    public class FrameClose extends Frame
    {
        // Main()
        public static void main(String args[])
        {   new FrameClose();
        }
    
        // Constructor
        public FrameClose()
        {   super("Window CLOSE");
            addWindowListener(new WindowAdapter()
            {   public void windowClosing(WindowEvent e)
                {   FileExit();
                }
            });
            setSize(400,300);
            setVisible(true);
        }
    
        // Close Event
        public static void FileExit()
        {   System.exit(0);
        }
    }
    
  2. java のソースファイルをコンパイルして class オブジェクトを実行して下さい。
    コンパイルの詳細は Java2 を動かす または Jcpad の設定を参照して下さい。
  3. Windows 画面タイトルバーの「×」をクリックします。
    フレームが閉じると DOS 画面にプログラム終了のメッセージが表示されます。
    何かキーをタイプして DOS 画面が閉じたら完成です。

プログラムの説明

Listener を使ってイベントが発生したときの処理を記述します。
イベントの種類には「マウスが操作された,キーボードが操作された,ウインドウが閉じられた」などがあります。
今回は Listener を使って Frame を閉じるとプログラムを終了させます。
  1. Listener を使う時は java.awt.event.* をインポートして下さい。
        import java.awt.*;
        import java.awt.event.*;
    
        public class FrameClose extends Frame
        {
        
  2. FrameClose のコンストラクタです。
    super() で親クラスのコンストラクタを呼び出します。
    addWindowListener() で WindowAdapter() のイベントを登録します。
    windowClosing() がイベントの種類で、FileExit() メソッドを呼び出します。
        public FrameClose()
        {   super("Window CLOSE");
            addWindowListener(new WindowAdapter()
            {   public void windowClosing(WindowEvent e)
                {   FileExit();
                }
            });
            setSize(400,300);
            setVisible(true);
        }
        
  3. FileExit() では System.exit(0); でプログラムを終了します。
        public static void FileExit()
        {   System.exit(0);
        }
        

超初心者のプログラム入門(Java2)