new Frame で生成する

Constructor で Frame(AWT) を生成します。

前田稔の超初心者のプログラム入門

プログラムの作成

  1. new Frame(AWT) で Window(Frame) を生成する方法です。
    ファイル名は class の名前に「.java」を付け加えた FrameView.java の名前で保存して下さい。
    //★ Frame で Window を表示    前田 稔
    import java.awt.*;
    
    public class FrameView
    {   private Frame frame;
    
        // main()
        public static void main(String argv[])
        {   new FrameView();
        }
    
        // Constructor
        public FrameView()
        {   frame = new Frame("View Frame");
            frame.setSize(400,300);
            frame.setVisible(true);
        }
    }
    
  2. FrameView.java をコンパイルして class オブジェクトを実行して下さい。
    コンパイルの詳細は Java2 を動かす を参照して下さい。

プログラムの説明

  1. AWT(Abstract Windowing Tools) を使用するので java.awt.* をインポートします。
    Frame frame; が Frame のオブジェクトの定義です。
        import java.awt.*;
        public class FrameView
        {   private Frame frame;
        
  2. main() では new FrameView() で FrameView Class(このプログラム自信) をインスタンス化(生成)するだけです。
        public static void main(String argv[])
        {   FrameView cf1 = new FrameView();
        }
        
  3. コンストラクタでは new Frame("View Frame") で Frame をインスタンス化(生成)します。
    frame.setVisible(true) で Frame を表示します。
        // Constructor
        public FrameView()
        {   frame = new Frame("View Frame");
            frame.setSize(400,300);
            frame.setVisible(true);
        }
        

超初心者のプログラム入門(Java2)