赤色で矩形を描く

Windows の画面に赤色で矩形を描きます。

前田稔の超初心者のプログラム入門

プログラムの作成

  1. メモ帳などでタイプして DrawRect.java の名前で保存して下さい。
    //★ AWT で赤色の矩形を描く    前田 稔
    import java.awt.*;
    
    public class DrawRect extends Frame
    {   public Color  color1;
    
        // Main
        public static void main(String args[])
        {   new DrawRect();
        }
    
        // Constructor
        public DrawRect()
        {   super("DrawRect AWT");
            color1 = new Color(255,0,0);
            setSize(300,200);
            setVisible(true);
        }
    
        // Paint Method
        public void paint(Graphics g)
        {   super.paint(g);
            g.setColor(color1);
            g.drawRect(20,50,260,120);
        }
    }
    
  2. DrawRect.java をコンパイルして class オブジェクトを実行して下さい。
    ページ先頭の画面が表示されたら完成です。
    プログラムの終了は DOS 画面でタイトルバーの「×」をクリックして下さい。
    「×」をクリックしても終了しない時は、DOS 画面で [Ctrl] キーを押しながら [C] をタイプして下さい。

プログラムの説明

  1. AWT(Abstract Windowing Tools)を使ったプログラムの基本的な説明は AWT を使って、色を設定して線を描く を参照して下さい。
  2. paint() は描画処理で呼び出されるメソッドです。
    super.paint(g) で Super Class の paint を呼び出して、画面を初期化します。
    g.setColor(color1) で描画色を設定します。
    g.drawRect() で矩形を描きます。
    20,50 は左上の座標で 260,120 は幅と高さです。
        public void paint(Graphics g)
        {   super.paint(g);
            g.setColor(color1);
            g.drawRect(20,50,260,120);
        }
        
  3. 円や楕円の描画は drawArc(), fillArc() メソッドを使います。
    詳細は Java2 の API 仕様から Graphics クラスで調べて下さい。
        public abstract void drawArc
        (   int x,          // 孤の左上隅の x 座標
            int y,          // 孤の左上隅の y 座標
            int width,      // 孤の幅
            int height,     // 孤の高さ
            int startAngle, // 開始角度
            int arcAngle    // 展開角度の大きさ
        )
        

超初心者のプログラム入門(Java2)