コマンドラインの引数

C:\DATA\Java2\01Dos\04Array>java CmdLine abc 123 Command Line "Test Program"
abc
123
Command
Line
Test Program

コマンドラインから渡されたパラメータを取得します。

前田稔の超初心者のプログラム入門

プログラムの作成

  1. メモ帳などでタイプして CmdLine.java の名前で保存して下さい。
    // Command Line の引数  前田 稔
    public class CmdLine
    {   public static void main(String[] args)
        {   for (int i=0; i<args.length; i++)
            {   System.out.println(args[i]);  }
        }
    }
    
  2. CmdLine.java をコンパイルして下さい。
    プログラムの実行は、次のようにコマンドラインからパラメータを与えます。
    C:\DATA\Java2\01Dos\04Array>java CmdLine abc 123 Command Line "Test Program"
    ページ先頭の画面が表示されたら完成です。
  3. main() メソッドには、コマンドラインで指定したパラメータが String の配列として渡されます。
    パラメータは半角の空白で区切られて、args.length がその個数です。
    args[i] で String の配列を順に取り出して印字してみました。
        public static void main(String[] args)
        {   for (int i=0; i<args.length; i++)
            {   System.out.println(args[i]);  }
        }
        

超初心者のプログラム入門(Java2)