TextField を使う

AWT で Window に TextField を貼り付けます。

前田稔の超初心者のプログラム入門

プログラムの作成

  1. メモ帳などでタイプして AWTTextField.java の名前で保存して下さい。
    //★ AWT で Text Field を張り付ける    前田 稔
    import java.awt.*;
    
    public class AWTTextField extends Frame
    {
        // Main
        public static void main(String [] args)
        {   new AWTTextField();
        }
    
        // Constructor
        AWTTextField()
        {   super("TextField");
            setSize(200, 100);
            setLayout(new FlowLayout());
            TextField txf = new TextField("Hello World!!");
            add(txf);
            setVisible(true);
        }
    }
    
  2. java のソースファイルをコンパイルして class オブジェクトを実行して下さい。
    コンパイルの詳細は Java2 を動かす を参照して下さい。
  3. Windows の画面に TextField が張り付けられて "Hello World!!" が表示されたら完成です。
    プログラムの終了は DOS 画面でタイトルバーの「×」をクリックして下さい。

プログラムの説明

  1. AWT(Abstract Windowing Tools)を使ったプログラムの基本的な説明は AWT を使って、色を設定して線を描く を参照して下さい。
  2. AWTTextField のコンストラクタです。
    new TextField("Hello World!!"); で TextField をインスタンス化(生成)します。
    add(txf) でパネルに配置します。
        // Constructor
        AWTTextField()
        {   super("TextField");
            setSize(200, 100);
            setLayout(new FlowLayout());
            TextField txf = new TextField("Hello World!!");
            add(txf);
            setVisible(true);
        }
        
  3. ラベルの時と同じ要領ですが、TextField にはデータを入力することが出来ます。
    テキストの内容を参照するときは textField.getText() を使います。
    テキストの内容を設定するときは textField.setText() を使います。

超初心者のプログラム入門(Java2)