Button を使う

AWT で Window に Button を三個貼り付けて、押し下げを検出します。

前田稔の超初心者のプログラム入門

プログラムの作成

  1. メモ帳などでタイプして AWTButton.java の名前で保存して下さい。
    //★ AWT で三個のボタンを配置する    前田 稔
    import java.awt.*;
    import java.awt.event.*;
    
    public class AWTButton extends Frame
    {   public  Button btn1, btn2, btn3;
        public  inEventListener listener;
    
        // Main
        public static void main(String args[])
        {   new AWTButton();
        }
    
        // Constructor
        AWTButton()
        {   super("AWT Button");
            listener = new inEventListener();
            btn1 = new Button("Button1");
            btn2 = new Button("Button2");
            btn3 = new Button("Button3");
            setLayout(new FlowLayout());
            btn1.addActionListener(listener);
            btn2.addActionListener(listener);
            btn3.addActionListener(listener);
            add(btn1);
            add(btn2);
            add(btn3);
            setSize(300,200);
            setVisible(true);
        }
    
        // 内部イベントリスナー
        class inEventListener implements ActionListener
        {   public void actionPerformed(ActionEvent e)
            {   Object source = e.getSource();
                if (source == btn1)
                    System.out.println("Button1 がプッシュされました");
                if (source == btn2)
                    System.out.println("Button2 がプッシュされました");
                if (source == btn3)
                    System.out.println("Button3 がプッシュされました");
            }
        }
    }
    
  2. java のソースファイルをコンパイルして class オブジェクトを実行して下さい。
    コンパイルの詳細は Java2 を動かす または Jcpad の設定を参照して下さい。
  3. Windows の画面にボタンが三個並んで配置されます。
    ボタンをクリックすると DOS 画面にメッセージが表示されたら完成です。
    プログラムの終了は DOS 画面でタイトルバーの「×」をクリックして下さい。

プログラムの説明

  1. AWT(Abstract Windowing Tools)を使ったプログラムの基本的な説明は AWT を使って、色を設定して線を描く を参照して下さい。
  2. イベントリスナーを使うので java.awt.event.*; を import します。
    三個のボタンとリスナーを定義します。
        import java.awt.*;
        import java.awt.event.*;
    
        public class AWTButton extends Frame
        {   public  Button btn1, btn2, btn3;
            public  inEventListener listener;
        
  3. AWTButton のコンストラクタです。
    リスナーと三個のボタンを生成します。
    setLayout(new FlowLayout()); でボタンを並べて配置します。
    ボタンにリスナーを設定して add() でパネルに配置します。
        // Constructor
        AWTButton()
        {   super("AWT Button");
            listener = new inEventListener();
            btn1 = new Button("Button1");
            btn2 = new Button("Button2");
            btn3 = new Button("Button3");
            setLayout(new FlowLayout());
            btn1.addActionListener(listener);
            btn2.addActionListener(listener);
            btn3.addActionListener(listener);
            add(btn1);
            add(btn2);
            add(btn3);
            setSize(300,200);
            setVisible(true);
        }
        
  4. ボタンのクリックを検出するイベントリスナーです。
    クリックされたボタンの番号を println() で印字します。
        class inEventListener implements ActionListener
        {   public void actionPerformed(ActionEvent e)
            {   Object source = e.getSource();
                if (source == btn1)
                    System.out.println("Button1 がプッシュされました");
                if (source == btn2)
                    System.out.println("Button2 がプッシュされました");
                if (source == btn3)
                    System.out.println("Button3 がプッシュされました");
            }
        }
        

超初心者のプログラム入門(Java2)