Applet で表示する

Applet を継承して Window を表示します。

前田稔の超初心者のプログラム入門

プログラムの作成

  1. Applet を継承して Window を生成する方法です。
    Applet は本来 Web 上で動作するプログラムですが、Applet を継承して普通のアプリを作成することも出来ます。
    //★ Applet を継承して Window を表示    前田 稔
    import java.applet.Applet;
    import java.awt.*;
    
    public class AppFrame extends Applet
    {
        // Main()
        public static void main(String args[])
        {
            Applet applet = new AppFrame();
            //applet.init();
            Frame f= new Frame();
            f.add(applet);
            f.setSize(300,200);
            f.show();
        }
    
        // Initialize
        //public void init()
        //{   setBackground(Color.gray);
        //}
    }
    

プログラムの説明

  1. Applet を継承するので java.applet.Applet をインポートします。
        import java.applet.Applet;
        import java.awt.*;
        public class AppFrame extends Applet
        {
        
  2. main() では new AppFrame() で AppFrame Class をインスタンス化します。
    applet.init() は Applet の初期化を行うメソッドですが、必要なければ省略可能です。
    new Frame() で Frame を生成して、f.add(applet) で貼り付けます。
        // Main()
        public static void main(String args[])
        {
            Applet applet = new AppFrame();
            //applet.init();
            Frame f= new Frame();
            f.add(applet);
            f.setSize(300,200);
            f.show();
        }
        
  3. init() は main() から呼び出される Applet の初期化を行うメソッドです。
        // Initialize
        public void init()
        {   setBackground(Color.gray);
        }
        
  4. こうして見ると Applet を使う方法も捨てたものではありませんね。 (^_^;)

超初心者のプログラム入門(Java2)